尾瀬 – 草紅葉の見頃をちょっと過ぎた10月下旬

尾瀬に向かう登山靴

山の紅葉は早いですね。今日はお盆ですが本屋に行ってみたら山関連の雑誌はもう紅葉特集でした。紅葉した山ならいつもはつまらない樹林帯も鮮やかで楽しくなります。良いタイミングだし、去年からずっと書こうと思っていた尾瀬のことをそろそろ書こうと思います。

登った日:2020/10/25(日)

 

最近は写真を撮るペースが落ちてアウトドアばかり行っていますが、最初の頃はアウトドアといってものんびりキャンプする程度でした。

キャンプをするうちに散歩がてら自然の中を歩きたいなと思うよりになったのですが、登山をするのはキャンプのついでで行くには大変すぎるだろうと手を出していませんでした。

それでも情報を集めていたら山頂を目指す登山だけではなく、山の中を歩くことが目的のトレッキングというのがあると知りました。

これならキャンプと組み合わせて良い具合に非日常を体験できると思い、トレッキングができる場所を探しました。

もっとも、そんなことを続けるうちに今ではすっかり登山が好きになってしまいましたが…

 

行くのは10月になるのでちょうど紅葉が綺麗で景色も良いところがないかと色々と探したのですが、そこで出てきたのが尾瀬。

聞いてはいたけど調べるほどに綺麗な景色が出てきます。

行ってみると多くの人に愛されるだけあって本当に良いところでした。

この日は草紅葉と樹木の紅葉が少し残っていて雲間からは幻想的な光が差しこむ美しい景色に出会うことができました。

 

この日は7時間歩いたのですが、これだけ長距離を歩くのはこの日が初めてです。

でも最初以外は起伏がなく、この綺麗な景色なので初心者に最適な場所でした。

 

関東の街中では紅葉といえば11月下旬くらいからですが、山の場合は9月上旬からもう紅葉シーズンです。

まさにお盆の今頃計画を立てると紅葉の中で登山ができますね。

尾瀬も9月下旬から10月が紅葉シーズンだそうです。

特に尾瀬の紅葉時期は上の写真にもあったように地面の草が色づく草紅葉というのが有名です。

この時は10月上旬に行くつもりだったけど台風が来てしまい、リスケしたので10月下旬になりました。

下旬にもなると最盛期は過ぎ、樹木の紅葉がだいぶ落ちてしまっています。

それでも綺麗だけど行くなら10月上旬までが良いでしょうね。

 

さてようやくですが登山のことを。

この日は一番メジャーなコースで鳩待峠というところから歩き始めるコースを選びました。

ここに車が数十台は停められる駐車場があるのですが、日曜なのもあってか朝9時頃にはもう満車でした。

さすが紅葉の名所です。

仕方なく峠から30分近く下った尾瀬第1駐車場という駐車場に停め、そこからバスでもう一度鳩待峠に向かいました。

無駄に往復したので登り始められたのは既に10時。

もし私と同じように尾瀬に向かう人はくれぐれも気を付けてくださいね。

 

コースは

鳩待峠 ~ 山の鼻 ~ 牛首分岐 ~ ヨッピ吊橋 ~ 竜宮 ~ 牛首分岐 ~ 鳩待峠

です。写真をたくさん撮りながら歩き、ご飯もゆっくり食べたので時間は7時間くらいでした。

 

最初の鳩待峠から山の鼻までは森の中を歩きます。

整備された木道ですが、少しだけ山道のような上り下りがあります。

 

そして最初のポイント山の鼻へ。

ここにビジターセンターがありトイレ休憩などができます。

建物の中は尾瀬の植物の紹介などがありました。この裏には食堂があります。

 

山の鼻を過ぎるといよいよ尾瀬の景色!

この日は最初だけ少し青空が見えました。

でもこの後はずっと曇り空とたまに小雨が降っていました。

青空と草紅葉だったらまた格別の景色だったでしょうね。

 

尾瀬といえばこの池塘(ちとう)が有名です。

なんだ池塘ってPCで変換できないじゃないか…

ところどころに小さな池がある、これこそが尾瀬。

 

振り返ると見える山は尾瀬の象徴的な山である至仏山です。

あそこから見下ろす景色もすごく綺麗なので次に来る時は登ってみようと思っていました。

今年は至仏山に登るのも良いかもしれない。

 

草紅葉も鮮やかさを失い枯れ色が強くなっていますがそれでも美しいこの景色。

 

そして1時間弱歩くと最初のポイント牛首分岐があります。

小さく見えるブルーシートのあたり少し先に分岐がありますが、ここで木道の修理をしていました。

 

牛首分岐でどちらに向かっても良いのですが、たまたまヨッピ吊橋方面が人が少なかったのでまずはヨッピ吊橋を目指すことにしました。

この辺りには白樺の木が綺麗です。

雪が多い場所では雪の重みでこのような形になる根曲がりの木というのを良く見ますが、これも雪の影響でしょうか。

ここは白樺が根曲がりになっていました。奥の白樺の森は普通っぽいですけどね。

 

ここが折り返し地点のヨッピ吊橋です。この頃にはちょっと疲れが。

 

折り返して竜宮に向かいます。

それまでずっと曇っているだけだったのですが、ここでたまに雲間から日が差してきました。

光が差す時間はほんの数秒~数十秒。

カメラを素早く構えてなんとか綺麗な瞬間を狙います。

 

竜宮に向かう途中。池塘と山が綺麗でした。

 

そして竜宮へ。

ここには竜宮小屋という山小屋があります。

10月下旬までの営業だそうですが、この日にはもうシーズンの営業を終了してしまっていました。

いつかは山小屋泊とかもやってみたいです。

 

竜宮からの帰路。

手間にあるのは休憩用の場所です。

こういう休憩場所が何か所も用意されているので簡単な登山飯みたいなのを作るのも簡単です。

非常に良く整備されていて改めて初心者に良い場所だと感じます。

 

ということで尾瀬でした。

この時はトレッキングできればいいやくらいに思っていたので装備はそこまで本格的じゃなく、雨具や食料などをちゃんと用意した程度でした。

十分に自然の中を歩く楽しさを感じられたと思います。

この時から本格的に登山もやりたいと思って、今は結構道具を揃えてしまいました。

いきなり危険のある登山まではできないけど歩いてみたいと思っている人がいたらぜひ尾瀬に行ってみてください。

 

最後に帰りの第一駐車場横にある橋の上から。

楽しかったけどこの時にはかなり疲れていました。

Recommended Posts

No comment yet, add your voice below!


Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください